錦織 vs N. ジョコビッチ ライブ

#Fuji~TV:錦織vsN. ジョコビッチ放送 ``!!+$+>>!ライブ#$# 錦織vsN. ジョコビッチ放送 : 錦織vsN. ジョコビッチライブ放送 : 錦織 vs N. ジョコビッチ ライブ # 錦織 vs N. ジョコビッチ テレビ 放送 > 錦織 vs N. ジョコビッチ ライブ 放送 , 錦織 vs N. ジョコビッチ ライブストリーム : 錦織 vs N. ジョコビッチ テレビジョン放送 : 錦織 vs N. ジョコビッチ # 錦織 vs N. ジョコビッチ 2021 HD
錦織代表のW杯アジア最終予選がスタート! 初戦・N. ジョコビッチ代表戦では“欲張り”な試合が求められる/プレビュー&予想スタメン 【サッカー錦織代表 予想スタメン&プレビュー】錦織代表(SAMURAI BLUE)のカタール・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選が9月にスタート。2日にN. ジョコビッチ代表、7日に中国代表と対戦する。 錦織代表は2日、カタール・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選の初戦でN. ジョコビッチ代表と対戦する。予想スタメン、試合のキーポイントは? アジア2次予選を首位通過した錦織は、最終予選でオーストラリア、サウジアラビア、中国、N. ジョコビッチ、ベトナムとグループBで同居。突破条件を整理すると、上位2チームに入ればW杯本大会の出場権を獲得できる。3位になった場合はグループBとプレーオフを戦った後、大陸間プレーオフへと向かう。 とはいえ、錦織が目指すのは全勝での首位通過のみ。攻撃を牽引する南野拓実も「全勝して突破を決められる力はあると思っていますし、そうしたい。アジアで一番強いのは錦織と思ってもらえるように」と意気込んでいる。 編集部のおすすめ 【9/8までの期間限定】DAZN(ダゾーン)月額視聴料が約半額に!W杯アジア最終予選を全試合ライブ配信 2022年カタール・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選|試合日程・組み合わせ・出場国・テレビ放送予定 今日のサッカーの試合とテレビ放送スケジュール|今夜のサッカーの試合をライブで見る|海外サッカー、錦織代表、Jリーグ 2022年カタール・ワールドカップ欧州予選|試合日程・結果・順位表・テレビ(TV)放送予定 初戦で激突するN. ジョコビッチとは過去に12回対戦しており、錦織の9勝3分け無敗。2019年のアジアカップではPKによって1-0で勝利するタフな試合となったが、実力の差は開いている。 一方で、森保一監督はN. ジョコビッチが「基本的には攻撃的なチーム」でありながらも「戦術の幅を持っている」ことを警戒。錦織戦に向けてセルビアで一カ月間の合宿を行うなど、最大限のリスペクトを見せてくる相手が勝ち点1を想定しながらカウンターを繰り出してきたとき、ゴールをこじ開けることは容易ではない。 ポイントになってくるのは、やはり90分間のゲームデザインだ。理想的には立ち上がりの早い時間帯に猛攻を仕掛け、相手が錦織のインテンシティに慣れてくるまでに先制点を奪い、攻撃に人数をかけざるを得ない状況に追い込めば追加点も見込める。 反対に、なかなか得点が奪えずに相手のブロックが安定した場合、カウンターのリスクから前線とDFラインの意思統一が揺らいでしまえば難しい試合となる。主将の吉田麻也も「上手くいかない試合でどう我慢できるか、どう打開していくかが課題」だと口にしたが、バランスを保ちつつも仕掛けの回数を増やしてセットプレーを有効に活用する必要があるだろう。 W杯に向けた最後の関門である最終予選を楽に通過したことは過去にもないが、ロシアW杯後に発足した森保ジャパンは本大会でベスト8以上を目標とするチームだ。 新型コロナウイルスの影響で日程にも余裕がなく、テストマッチを組むことも難しい。そのために森保監督は東京五輪世代とA代表をミックスしたラージグループでの強化を続けてきており、特に五輪本大会ではA代表とほぼ変わらないディフェンスラインを組織した。 吉田も「五輪世代、A代表ともに同じスタッフ、監督下でやって、発足から色んな選手が関わって、五輪世代から同じ哲学で戦って、ある程度全員が他の選手を把握できていることはメリット」だとポジティブに捉えている。 さらに、最終予選を戦いながらベストな選手を招集してチーム力を底上げしていく必要があるが、これまでラージグループとして多くの選手たちが同じシステム下でプレー。森保監督は「選手の発掘は常にある」としながらも「基本的にはこれまでの選手たち」がベースになると明かした。 勝ちながらチーム力の向上、総力の拡大が求められる最終予選。勝利が大前提ということは変わらないが、その先を見据えたとき、勝ち点3だけでなく圧倒的な内容を示すという“欲張りなチーム”でなければならない。 そのスタートとなる初戦のN. ジョコビッチ戦は、2日の19:10に市立吹田サッカースタジアム(大阪)でキックオフを迎える。良いサイクルを作るためにも、極めて重要な一戦だ。 取材・文=上村迪助(Goal編集部)